背景色 :

  • 元の背景
  • 黄色
日本遺産 国境の島 壱岐・対馬・五島 ~古代からの架け橋~

構成文化財紹介

  • 壱岐市
  • 対馬市
  • 五島市
  • 新上五島市

三井楽 (みみらくのしま)

五島市

三井楽 (みみらくのしま)

五島市

日本の西の最果てにある五島は、遣唐使が派遣された時代、東シナ海を横断し、唐を目指す直前の最終寄港地となった場所です。『肥前国風土記』には「美禰良久之埼(みねらくのさき)」と記し、近くには遣唐使船に飲料用水を供給した井戸と伝えられている「ふぜん河」などのゆかりの場所があります。10世紀の『蜻蛉日記』では「亡き人に逢える島 ~みみらくのしま~」として紹介され、後代には異国との境界にある島、又は死者に逢える西方浄土の島として広く歌枕となりました。

明星院本堂(みょうじょういんほんどう)

五島市

明星院本堂(みょうじょういんほんどう)

五島市

五島で最も古い寺で、806(大同元)年に弘法大師空海が、唐から帰朝する途中でこの寺に籠もり、東の空に輝く明けの明星を瑞兆と思い、明星庵と名付けたと伝えられています。藩主五島家代々の祈願寺で、1778(安永7)年に再建された本堂の格天井には、狩野派の画家が描いた121枚の花鳥画が極彩色で描かれています。

ともづな石

五島市

ともづな石

五島市

遣唐使船最後の寄泊地であった岐宿町白石にあるこの石は、遣唐使たちが船の修理や食料補給、風待ちをするために港に入った際、とも綱を結わえたといわれています。遣唐使たちの命をかけた偉業を讃え、地元では小さな祠を建て、漁業、海上安全の神としてこの石を祀り、今日まで地元の人々の手によって大切に守られています。

国境の島マップ