背景色 :

  • 元の背景
  • 黄色

国境の島の魅力

国境の島ものがたり

日本本土と大陸の中間に位置することから、長崎県の島は、古代よりこれらを結ぶ海上交通の要衝であり、交易・交流の拠点であった。特に朝鮮との関わりは深く、壱岐は弥生時代、海上交易で王都を築き、対馬は中世以降、朝鮮との貿易と外交実務を独占し、中継貿易の拠点や迎賓地として栄えた。その後、中継地の役割は希薄になったが、古代住居跡や城跡、庭園等は当時の興隆を物語り、焼酎や麺類等の特産品、民俗行事等にも交流の痕跡が窺える。国境の島ならではの融和と衝突を繰り返しながらも、連綿と交流が続くこれらの島は、国と国、民と民の深い絆が感じられる稀有な地域である。

続きはこちら
お知らせ情報一覧へ

お問合せ情報お問合せ情報

日本遺産「国境の島」推進協議会

長崎県・対馬市・壱岐市・五島市・新上五島町
事務局:〒850-8570長崎県長崎市江戸町2-13長崎県文化振興課内
TEL:(095)895-2762FAX:(095)829-2336

お問合せフォームはこちら
国境の島マップ